/

ドコモ、3Gはなお通信障害 官房長官「大変遺憾」

(更新)

NTTドコモは大規模な通信障害が起きた問題を受け、15日午後2時からオンラインで記者会見を開くと発表した。ネットワークの品質などを担当する田村穂積副社長が出席する。15日午前、高速通信規格「5G」と現行規格の4G回線を使う利用者の障害が完全回復したと発表したが、従来型携帯電話「フィーチャーフォン」などで3G回線を使う一部の利用者で、音声通話やインターネットの通信がつながりづらい状態が続いている。

松野博一官房長官は15日の記者会見でNTTドコモの通信障害について「国民生活の重要なインフラである携帯電話サービスで大規模な影響を及ぼす障害が発生したことは大変遺憾だ」と述べた。松野氏は総務省がNTTドコモに原因究明と影響範囲の報告を求め、再発防止に取り組むよう指示をしたと明らかにした。

金子恭之総務相も15日の閣議後会見で「国民生活の重要なインフラである携帯電話サービスについてこのように大規模な影響を及ぼす障害が発生したことは大変遺憾だ」と述べた。その上で、「ドコモからの詳細な報告をうけて電気通信事業法上の重大な事故に該当するかどうかを確認したい」と話した。

障害は14日午後5時ごろに発生した。原因は通信ネットワークの工事中に大量の信号が送られるトラブルが発生したためとしている。スマートフォン利用者の大部分が該当する4Gと5Gの回線は、15日午前5時すぎに回復したという。

ドコモによると、14日朝から、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」機器の制御システムのネットワーク工事を実施していたところ、問題が発生してネットワークに負荷がかかり、携帯電話の通信網を含めて障害が起きたという。

ドコモは14日午後8時前に通信網が復旧したと明らかにしたが、携帯電話の通信データの急増を防ぐために利用を制限しており、復旧後も影響が長引いている。

電気通信事業法は緊急通報を扱う通信サービスについて、3万人以上の利用者が1時間以上、通信を利用できない場合、総務省が報告を求める「重大な事故」と位置づけている。今回の通信障害の影響範囲はまだ明らかになっていないが、重大な事故にあたる可能性もある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン