/

この記事は会員限定です

伊藤忠、脱炭素でスタートアップ連携 AI管理の蓄電池

商社進化論 第7部 新興企業と駆ける(1)

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

総合商社がスタートアップとの協業を急いでいる。新型コロナウイルス禍ではビジネスの前提が変貌し新しい技術や発想が一段と求められる。商社進化論の第7部は商社各社がスタートアップと新ビジネスに挑む姿からコロナ後の世界を読み解く。初回は蓄電池など生活消費分野で従来の事業モデルからの転換に挑む伊藤忠商事を追う。

「一般家庭でもそんなことができるのか」。2021年3月、伊藤忠商事の発表に電力業界は騒然とした。伊藤忠が一...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2218文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン