/

この記事は会員限定です

石化分離「汎用品では力出せず」 三菱ケミカルHD社長

そこが知りたい「2022年に向けて」①

[有料会員限定]

2021年は新型コロナウイルス禍に加え、供給網の混乱や半導体不足が世界経済の打撃となり、現状の取り組みでは地球温暖化防止には不十分なこともあらわとなった。「オミクロン型」の発生や米中対立の激化といったリスクも高まるなか、日本企業は22年にどう動くのか。有力企業のトップに聞くシリーズの第1回は三菱ケミカルホールディングス(HD)のジョンマーク・ギルソン社長。石油化学事業の分離について聞いた。

――...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2025文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

カーボンゼロ

温暖化ガス排出を実質ゼロにするカーボンゼロ。EVや再生可能エネルギー、蓄電池、各国政策などの最新ニュースのほか、連載企画やデータ解説を提供します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン