/

この記事は会員限定です

イオンリテールの販売員、ベビー用品「共感」で売る

[有料会員限定]

イオン傘下で中核企業のイオンリテールが新型コロナウイルス禍からの事業の立て直しを急いでいる。2021年からは接客の専門家を各店舗で数人ずつ選び、販売力を高め、ノウハウの伝承を進めている。その一翼を担うのがイオンスタイル白山(石川県白山市)の喜多志津香さんだ。パート従業員から正社員となり、販売現場で顧客に寄り添う接客を心がける。

きた・しづか 1998年マイカル(現イオンリテール)入社、パート従業員として「御経塚サティ」の靴売り場に配属。2010年に社員登用。21年「イオンスタイル白山」転籍、ベビー用品売り場で接客の専任者に。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験!

日経産業新聞をPC・スマホで!

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は、まずは1カ月無料体験!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン