/

この記事は会員限定です

オリンパス改革「外圧」で2倍速 物言う株主が統治助言

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

粉飾決算事件から10年。オリンパスの構造改革が加速している。2019年に「物言う株主」から社外取締役を招き、ガバナンス(企業統治)の抜本改革を進めてきた。カメラ事業を売却し祖業の顕微鏡事業も切り離す。22年3月期は過去最高益を見込み、目標である営業利益率20%の達成へ突き進む。だが、内視鏡事業への依存度が高く世界の競合の背中は遠い。

オリンパスが顕微鏡など科学事業の売却を検討している。1年前、竹内康雄社長は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン