/

この記事は会員限定です

日経17種、12年ぶりの高水準に

すず・銅など資源けん引 製造業回復、海外相場高映す

[有料会員限定]

景気に敏感な値動きを示す鋼材や燃料など主要商品の卸値を基に算出する日経商品指数17種(1970年平均=100)が約12年ぶりの高水準に達した。新型コロナウイルス禍を受けた在宅勤務や巣ごもりで世界的に通信機器や家電製品の消費が増え、部品に使うすずや銅などが高騰。自動車生産など製造業の復調も背景にした素材高がけん引している。

17種は13日に179.875と、リーマン・ショック前の2008年8月以来1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1041文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン