/

この記事は会員限定です

三菱電機「志のある現場主義」に進化を 専門家に聞く

三菱電機調査報告書 私はこう見る(上)

[有料会員限定]

三菱電機の品質不正問題を受け、弁護士などによる調査委員会は1日に中間報告書を公表した。長崎製作所(長崎県時津町)などで起きた不正について「本社部門と現場との距離・断絶が原因の一つとなった」と指摘した。「言ったもん負け」などの生々しい証言は「日本の会社組織にはよくある話」と話題を呼んだ。なぜ不正が生まれ、繰り返されたのか。専門家に聞く。

企業の組織・人事に詳しい多摩大学大学院の徳岡晃一郎教授に、不正の背景や...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2343文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン