/

キャンドゥ、一時3%高 衛生関連の伸び好感

銘柄診断

15日の東京株式市場で、100円ショップを手掛けるキャンドゥの株価が一時前日比70円(3%)高の2170円まで上昇し年初来高値を更新した。13日に発表した2020年12月~21年2月期連結決算がきっかけだ。マスクなど衛生関連商品の販売が伸びて業績進捗率が高かったことが評価され、個人投資家を中心に買いが広がった。

終値は54円(3%)高の2154円だった。同社が発表した20年12月~21年2月の営業利益は、前年同期比30%増の6億2700万円だった。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の再発令などでマスクや衛生用品が伸びたほか、在庫管理の効率を高め利益を押し上げた。営業利益の20年12月~21年5月期見通しの進捗率は6割だった。

キャンドゥの時価総額が15日時点で361億円。個人投資家の動きで株価が左右されやすい面がある。株主優待である商品券は単元株である100株から受け取れる。「業績を確認した個人投資家が、優待狙いで5月の配当権利落ちを前に買いを入れた」(楽天証券チーフ・ストラテジストの窪田真之氏)との声もある。

15日のPER(株価収益率)は74倍。割高にも見えるが、国内証券アナリストは「足元で新型コロナの感染再拡大が続き、巣ごもり銘柄としてさらに買いが入る可能性もある」と話す。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン