/

この記事は会員限定です

リコー、360度映像を時差なく配信 工場など遠隔確認

[有料会員限定]

リコーは360度カメラを使いリアルタイムでビデオ通話できるサービスを2022年夏にも始める。インターネット上で高画質の画像を最短0.2秒の時差(タイムラグ)でやり取りできる。独自のサーバー技術を使い、通常は1秒ほどかかる時差を縮めた。新型コロナウイルス禍でも遠隔で建設現場や工場などの状況を確認できるようにする。

主なサービス提供先としてはゼネコンや不動産会社などを想定する。またメーカーの製造現場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り485文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン