/

ウーバー、宅配専門店開設 東京・日本橋に1号店

料理宅配大手のウーバーイーツジャパン(東京・港)は15日、宅配を専門とする店舗を東京・日本橋に開いたと発表した。自社で用意した食品や日用品を注文から約30分で自宅などに届ける。飲食店などの加盟店だけでなく自社で幅広い商品を用意し、料理以外の需要の獲得を図る。

新たに開いたのは「ダークストア」と呼ばれるオンライン注文専用の店舗「ウーバーイーツマーケット 日本橋兜町店」。店舗面積は約170平方㍍と、一般的なコンビニエンスストアよりやや大きい。店内には生鮮食品や衛生用品など1100点以上の商品を取りそろえる。会員制量販店「コストコ」の冷蔵食品なども用意した。今後は酒類なども追加する方針だ。

配達エリアは半径約3~4キロメートルの範囲が対象。最低注文料金はなく、1品から注文ができるようにした。配達料は通常の料理宅配と同様に距離などに応じて決まる。午前7時から翌0時まで営業する。

料理宅配各社はダークストア事業に相次ぎ参入している。料理宅配アプリ「フードパンダ」を展開するデリバリーヒーロージャパン(東京・港)は7月のサービス開始を皮切りに、現在は国内12拠点に店舗を拡大している。ウォルトジャパン(東京・渋谷)も12月2日に札幌市に2拠点を開いた。

ダークストアは加盟する飲食店の配達代行とは異なり、拠点の設置や商品の仕入れ、配達まで自社で手がける。自社で展開することで宅配できる商品の種類や営業時間などの幅を広げる。料理宅配市場での競争が激化するなか、即時配達を日用品などにも広げ、利用者の獲得を急ぐ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン