/

この記事は会員限定です

「エッジAI」、実店舗を変革 ロッテや富士通が導入

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

クラウドからエッジへ――。人工知能(AI)の活用の舞台が利用者に近い端末(エッジ)に広がってきた。ロッテが来店客の購買行動を分析して売り上げの増加につなげるなど、小売りの現場に変革をもたらしつつある。電子商取引(EC)に後れを取っていた「リアル店舗」のデータ活用を後押ししそうだ。

関東地方のあるスーパー。アイスクリーム売り場をじっと見つめる「AIカメラ」が稼働中だ。来店客はどの商品を手に取り、何を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2335文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン