/

この記事は会員限定です

水素タウン・金属再生… 東京五輪レガシーはエコ

[有料会員限定]

熱戦の幕が閉じた東京五輪は新しい環境技術が多く取り入れられた大会でもあった。これらの技術は五輪・パラリンピック閉会後も次世代の街づくりを担う。聖火をともした水素は閉会後もマンションや商業施設で活用され、聖火のトーチをつくる廃アルミ材の再生技術も将来の循環社会を支える。世界的なサステナビリティー(持続可能性)重視の流れに遅れがちだった日本企業の対応が、五輪を機に進展する可能性がある。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン