/

この記事は会員限定です

日系人も悩む介護やお墓問題、日本人シニアが寄り添う 

セカンドステージ

[有料会員限定]

介護施設に入れない、墓がない――。そんな悩みを抱える日系ブラジル人などの支援に、日本人シニアが動き出した。1990年代に来日した日系人の多くは約30年の滞在を経て60代にさしかかる。日本で安心したシニアライフを一緒に過ごせるよう新たな挑戦が始まった。

「日系人シニアが快適に過ごせる老人ホームをつくるにはどうしたらいいか」。6月中旬、社会福祉法人で役員を務める林隆春さん(71)は職員と机を囲んで議...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1604文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン