/

ソフトバンクG、2月から3回目職域接種 9万人対象に

ソフトバンクグループ(SBG)とソフトバンクは14日、3回目の新型コロナウイルスワクチンを接種する職域接種を2月下旬から始めると発表した。全国各地の9拠点で、グループの従業員や家族、取引先の従業員など9万人規模を対象とする。接種会場は今後増やす可能性がある。

3回目の接種を受けられるのは、ワクチン接種を過去に2回受けている対象者。1回目と2回目の接種を自治体で受けた場合でも、SBGとソフトバンクによる3回目の職域接種を受けられるようにするという。

両社は2021年6~10月にも職域接種を実施した。3回目の職域接種でも、接種や接種会場への移動にかかる時間を勤務時間として扱う。接種後の副反応などで休養や家族の看病が必要な従業員には、最大3日間の特別休暇を付与する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン