/

この記事は会員限定です

取締役の多様化急務 投資家「女性ゼロに反対」広がる

[有料会員限定]

上場企業の取締役会に多様性を求める投資家の圧力が強まり始めた。議決権行使助言の米グラスルイスは、東証再編後のプライム市場で女性比率が10%に満たない企業に2023年からトップ選任に原則反対推奨を出す。りそなアセットマネジメントは23年から女性役員がいないプライム上場企業のトップ選任に反対する。企業統治指針の求めもあり、企業は対応を迫られる。

グラスルイスは22年版の日本向け議決権行使助言方針を公...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り550文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン