/

ディップの22年2月期、純利益下方修正 配当予想下げ

ディップは14日、2022年2月期の連結純利益が前期比5~7倍の31億~41億円になりそうだと発表した。従来予想を18億~37億円引き下げ増益幅が縮小する。新型コロナウイルスの感染再拡大で求人広告の出稿が想定より減少する。前期比で5~23円増を計画していた年間配当も前期と同じ56円とする。

売上高は19~27%増の388億~410億円、営業利益は15~35%減の48億~62億円を見込む。それぞれ従来予想を40億~80億円、29億~56億円引き下げた。21年12月~22年2月に新求人媒体や採用業務支援ツールなどを対象とした約14億円の広告宣伝投資を実施する。

同日発表した21年3~11月の連結決算は、純利益が26億円(前年同期は9800万円)だった。売上高が前年同期比14%増の280億円。緊急事態宣言の解除でアルバイトを中心に求人が回復し、求人サイト「バイトル」の月間契約社数は12月で19年の同月比で26%増えた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン