/

この記事は会員限定です

肉、真空パックに熱視線 鶏や牛を長持ち・ゴミ削減

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍の長期化を背景に、スーパーなどで真空パック包装の食肉が存在感を出し始めた。賞味期限が長いため買い置きに向いていることや、一般的なトレーパックに比べプラスチック使用量が少なく家庭ゴミ削減につながることが支持を呼んでいる。スーパーや食肉の大手が新たな販売方法として注目している。

食肉の真空パックは主に鶏肉で使われ、かねて1~2キロの大袋が主に業務用で流通していた。コロナ禍前のアル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン