/

この記事は会員限定です

ケネディクスなど不動産各社、再生エネの新補助金活用

[有料会員限定]

不動産業界で再生可能エネルギーの新しい補助金制度「FIP」の活用が広がっている。運用会社大手のケネディクスは東京・銀座で運営するホテルで導入し、2025年度までに不動産投資信託(REIT)で保有する全不動産で再生エネ由来の電力を活用する計画だ。FIP制度を使う400カ所以上の太陽光発電所と契約する。東急不動産も活用に動き出しており、再生エネ由来の電力を長期で安定調達する。

FIP制度はフィード・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません