/

この記事は会員限定です

ハンズ売却の東急不動産HD、資本効率改善目標なお遠く

森匠太郎

[有料会員限定]

東急不動産ホールディングス(HD)は31日、子会社の東急ハンズ(東京・新宿)をホームセンター最大手のカインズに売却する。収益力が低下している事業を切り離す狙いだ。2031年3月期までに自己資本利益率(ROE)を10%に高めるなど長期目標を掲げるなかでは効率性の改善効果は限定的で、一段の事業の見直しと収益力向上が必要だ。

「当社グループの中だと厳しい小売業界での競争力強化は難しい」。東急不HDの西...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン