/

この記事は会員限定です

空飛ぶクルマ開発へ「物流ドローンのデータ生かす」

スカイドライブ 福沢知浩代表

[有料会員限定]

空飛ぶクルマを開発するスカイドライブ(東京・新宿)は2023年以降の事業化に向け機体の開発を急ぐ。夏にも顧客が物流ドローンを運用するサブスクリプション(定額課金)サービスを開始予定で、福沢知浩代表は「ドローンを飛ばすことでデータを得る。(空飛ぶクルマの)開発に生かす」と話す。機体の開発状況や今後の見通しについて聞いた。

――国内競合のテトラ・アビエーション(東京・文京)が7月末にも、米国で空飛ぶク...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン