/

クリレスHD、最終黒字30億円へ上方修正 22年2月期

しゃぶしゃぶ店「しゃぶ菜」などを展開するクリエイト・レストランツ・ホールディングス(HD)は14日、2022年2月期の連結最終損益(国際会計基準)が30億円の黒字(前期は138億円の赤字)になる見通しだと発表した。4月公表の従来予想から5億円上方修正した。各自治体からの時短協力金の見込み額が増えたことなどが寄与した。

売上高は前期比25%増の930億円を見込むが、従来予想からは220億円引き下げた。4度目の緊急事態宣言が発令されたことなどが響く。

同日発表した21年3~5月期連結決算は、売上高が前年同期比50%増の177億円、最終損益が10億円の黒字(前年同期は73億円の赤字)だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン