/

大塚家具をヤマダデンキが吸収合併 ブランドは維持

家電量販最大手のヤマダホールディングス(HD)は14日、家電販売を担うヤマダデンキと家具を手がける大塚家具の2社を5月に合併すると発表した。2社はともにヤマダHDの全額出資子会社。大塚家具はすでに商品開発や店づくりでヤマダデンキと連携しており、合併で意思決定のスピードをはやめ、事業間の相乗効果を引き出す。大塚家具のブランド名、既存の店舗網は維持する方針だ。

ヤマダデンキが存続会社となり、5月1日付で大塚家具を吸収合併する。ヤマダHDは2019年12月に業績不振が続いていた大塚家具を子会社化し、21年9月には完全子会社としていた。

ヤマダHDは家電を軸に家具や住宅まで扱う「暮らしまるごと戦略」を掲げ、ソファや寝具を独自開発したり、大塚家具の商品をそろえるヤマダの大型店を出店したりしてきた。今回の合併でこの戦略をさらに推し進める。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン