/

この記事は会員限定です

コロナ時代「明るい髪色」で自己表現 美容室金額1割高

[有料会員限定]

女性の美容室利用金額が上がっている。客単価は7000円台前半と、新型コロナウイルス禍前の2019年と比べて1割高い。一因がZ世代を中心にした明るい髪色の人気だ。顔の半分をマスクで隠す機会が増えた一方、SNS(交流サイト)による情報発信が普及。明るい髪色による自己表現がトレンドとして定着しつつある。

共立女子短期大学教授の渡辺明日香さんは、繁華街でファッションの定点観測を長年続けてきた。コロナ禍で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1360文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

価格は語る

モノやサービスの値段にまつわる「なぜ?」を様々な角度から掘り下げる連載。商品の種目ごとに細かく担当を受け持つ日経記者が、その担当の商品・サービスの値段の変化がなぜ起きたのか、日本だけでなく世界のトレンドまで鋭く切り込みます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン