/

この記事は会員限定です

鉄スクラップ6%高 発生減少、アジア価格上昇も波及

[有料会員限定]

代表的な製鋼原料である鉄スクラップが国内で値上がりした。標準品種の電炉の鉄鋼メーカー買値は、前週に比べ6%高い。発生が減って需給が引き締まっていたところに加え、中国向けの需要回復への期待感からアジア価格が先行して上昇。国内価格に波及した。先高観から販売を手控える流通業者も出てきた。鉄鋼メーカーなどのコストアップ要因になる。

鉄筋くずなどからなる標準品種「H2」の電炉の鉄鋼メーカーの買値は、東京地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1000文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン