/

この記事は会員限定です

ウイグル供給網、日本勢が間接取引も警戒 米規制強化で

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

米バイデン政権が中国・新疆ウイグル自治区にサプライチェーン(供給網)を持つ企業への規制強化を打ち出した。太陽光パネル部材などが加わり、対象が全20業種に拡大した。人権侵害に加担する中国企業との直接取引だけでなく、仲介業者を介した間接的な関与でも法令違反のリスクがあるとしている。供給網全体の把握を迫られる中、シリコン製造を手掛けるトクヤマは間接取引先の調査に動いている。

米国務省など6省庁が13日、共同で出...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン