/

三菱地所レジデンス、千代田区に職住一体賃貸マンション

三菱地所レジデンスは東京・内神田にコワーキングスペースを併設した賃貸マンションを完成させた。新型コロナウイルスの影響で働き方や住まいのニーズが多様化するなか、20~30代の独身者を中心に新たな需要を掘り起こす。

職住一体型の賃貸マンションシリーズ「ザ・パークハビオ ソーホー」の第1弾となる。東京メトロ大手町駅から徒歩約7分の立地で、13階建て。部屋数は全49戸だ。

1階に約60平方メートルのコワーキングスペースを設けた。個室タイプのブースも備え、入居者は24時間無料で利用できる。柔軟な働き方が広がるなか、入居者に「通勤時間ゼロ」の利点を提案する。コワーキングスペースを使って法人登記もできるようにした。

部屋やコワーキングスペースの天井には木材も使った。広さは25~50平方メートルで、募集中の部屋の賃料は月額13万円台後半から29万円弱としている。

三菱地所レジデンスの森山健一常務執行役員によると「賃料は近隣相場より高いが反応は上々だ」という。代々木公園、祐天寺といったエリアでも同じタイプのマンションを造る予定。3年間で5棟ほどの建設を見込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン