/

ファイザー、コロナ飲み薬を承認申請 来月にも国内承認

(更新)

米ファイザー日本法人は14日、新型コロナウイルスの飲み薬候補について厚生労働省に製造販売承認を申請したと発表した。岸田文雄首相は2月中にも承認する意向を示している。軽症や中等症患者向けで、承認されれば日本で2例目の飲み薬となる。コロナ治療薬には新たな変異型「オミクロン型」で効果が下がるものもある。薬の選択肢が増えれば、変異型への対抗手段が広がることになる。

ファイザーが申請した飲み薬「パクスロビド」は、米国では2021年12月に緊急使用が認められた。海外で認可された薬を迅速に審査する「特例承認」の取得を視野に、同日厚労省に申請した。政府は200万人分の供給で基本合意しており、月内の最終合意を目指している。

パクスロビドは新型コロナ向けに開発された抗ウイルス薬「ニルマトレルビル」と、既存の抗エイズウイルス(HIV)薬「リトナビル」を併用する。ウイルスが増殖する際に必要な酵素の働きを抑える仕組みで、薬が体内で分解されるのを遅らせるためリトナビルも服用する。既に国内で承認された米メルクの飲み薬「ラゲブリオ(一般名モルヌピラビル)」とは作用の仕組みが異なる。

臨床試験(治験)では、重症化リスクのある感染者に発症から5日以内に投与したところ入院や死亡のリスクを88%減らした。オミクロン型への効果について、実験室レベルでの初期検証ではウイルスの複製を防ぐ効果を確認したとしている。

既に米国など各国がファイザーと調達契約を結んでおり、ファイザーは22年末までに1億2000万回分を生産するとしている。フランスの保健相はパクスロビドがラゲブリオよりも治験で高い効果が認められたとして、メルクへの発注を取り消しパクスロビドの調達を進める方針を示した。

国内でもオミクロン型の感染者数が急増し病床使用率が徐々に高まるなか、オミクロン型に効果のある治療薬の実用化が急務となっている。

英グラクソ・スミスクラインは日本で21年9月に承認を取得した抗体医薬「ゼビュディ」について、オミクロン型に効果があるとの実験結果を発表した。メルクもラゲブリオがオミクロン型に有効である可能性が高いとしている。

一方で抗体カクテル療法として知られる中外製薬の点滴・注射薬「ロナプリーブ」はオミクロン型では効果が低下する懸念があることが分かった。厚労省は21年12月下旬、オミクロン型への感染が疑われる場合には使用を推奨しないと自治体に通知した。

オミクロン型だけでなく、他の新たな変異型が今後も発生する可能性はある。作用の仕組みが異なる複数の治療薬が取りそろうことが、コロナ感染拡大を抑制するには不可欠となる。

新型コロナ特集ページへ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン