/

この記事は会員限定です

東芝、難路の成長投資・還元両立 二律背反で見えぬ解

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

東芝は14日、車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)が辞任し、綱川智会長が社長兼CEOに就く人事を発表した。車谷氏は企業統治や成長戦略を巡り、アクティビスト(物言う株主)と対立し、構造改革やコスト削減は社内の反発も招いた。指名委員会も再任は難しいとの判断に傾くなか、辞任決断につながった。復帰する綱川氏は株主との融和路線を掲げるが、成長投資と株主還元との両立は簡単ではない。

「アクティビストと呼ばれる投...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1793文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン