/

ベネッセHD、語学教室「ベルリッツ」を売却

ベネッセホールディングス(HD)は14日、語学教室を手がける全額出資子会社ベルリッツを売却すると発表した。グループで語学教育サービスを手がけるカナダのILSCホールディングスが保有する特別目的会社に、同日付で全株式を譲渡する。譲渡額は明らかにしていない。

ベルリッツは米国に本社を置き、世界の約70カ国・地域で語学教室を展開している。近年は競争が激化したうえ、新型コロナウイルスの感染拡大も逆風となり、業績不振が続いていた。

ベネッセHDは関係会社株式売却損として2022年3月期連結決算で約98億円の特別損失を計上する見通しだ。14日に22年3月期の連結業績予想を修正した。純利益は0円とし、従来予想の50億円から引き下げた。売上高は前期比1%増の4330億円(従来予想は4410億円)に修正した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン