/

この記事は会員限定です

「レクサス品質」僅かな異音も許さない AIで検知

AI時代の技術伝承(2)

[有料会員限定]

トヨタ自動車九州(福岡県宮若市)は高級車ブランド「レクサス」を生産する宮田工場(本社工場)で人工知能(AI)を活用した完成車の車内異音検査システムを導入し、2021年8月に稼働させた。従来は熟練検査員の聴力に頼っていた検査を自動化。検査員の負担を軽減する。

運転席にスマホとマイク、無人走行

検査対象となる車内異音とは、走行中にドライバーや同乗者の耳に届く音のうち、路面の凹凸に起因する「カタカタ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2414文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン