/

クロフネデザインHD、2億円調達 国際学生寮の拠点増へ

多国籍の学生間で学べる国際寮を展開する

国際学生寮を運営するKUROFUNE Design Holdings(クロフネデザインHD、東京・港)は中央日本土地建物などを引受先とする第三者割当増資で約2億円を調達した。東京都内の主要大学周辺で学生寮の拠点を増やしていく。

同社は上田真路・代表取締役ら米ハーバード大院で修士号を取得した卒業生が中心となり事業展開する。日本では同大のように多国籍の学生同士が授業外で交流・勉強できる国際寮が多くない。「U Share(ユーシェア)」のブランドで2020年以降、都内で社会人向けシェアハウスや早稲田大付近で学生寮の本格的な運営を始めた。

学生寮の入居審査は英語の面接やエッセーを課している。寮内の言語は原則英語で、経営学修士号(MBA)取得や英語学習に関する支援メニューも提供する。今後は東京大や慶応大のほか、地方や海外主要大学の周辺で拠点を整備する考えだ。上田代表取締役は「10年後に7000~1万人が入居できる受け皿をつくる」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン