/

スバル、フォレスターを改良 新アイサイトを搭載

SUBARU(スバル)は14日、多目的スポーツ車(SUV)の「フォレスター」の改良モデルの先行予約を開始したと発表した。独自の先進運転支援システム「アイサイト」を改良して搭載し、安全性能を高めた。車のフロントフェースやタイヤホイールには新デザインを採用した。

フォレスターは、スバルが世界展開する主力のSUVだ。2018年6月に現行モデルの5代目を発表して以来の大幅な改良となる。価格などの詳細については8月に発表する予定だ。

今回の改良では、従来のアイサイトを改良した「新世代アイサイト」を新たに搭載する。ステレオカメラを広角化したことで、より細かく交通環境を認識することが可能になり、衝突回避を支援する。新世代アイサイトは全4グレードに標準搭載する。

ボディーカラーは緑系の新色など3色を追加し、最大10色から選べるようにした。外観では、国内で20年末に投入した「レヴォーグ」から導入している共通のデザインコンセプトも新たに採用した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン