/

東芝系、欧州でサイバー攻撃被害 ロシア系ハッカーか

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

東芝子会社でPOS(販売時点情報管理)システム大手の東芝テックは14日、フランスなど欧州の拠点でサイバー攻撃を受けたと発表した。東芝テックはハッカー集団から金銭を要求するメールを受信したが、要求には応じない姿勢だ。国内のセキュリティー会社によると「ダークサイド」と呼ばれるハッカー集団が「東芝の仏拠点にサイバー攻撃を行い、機密情報を盗んだ」とインターネット上の闇サイトに声明を発表しているという。このハッカー集団による攻撃の可能性が高い。

東芝テックは「現状では、被害の影響の範囲は欧州の一部地域に限定されており、顧客関連の情報が流出した事実は確認されていない」としている。

欧州の関係当局に連絡したうえで、日欧間、欧州の子会社間のネットワークやシステムを停止し、被害の拡大を抑止したという。システムの復旧作業を進める一方、並行して外部の専門機関による調査を実施している。

国内セキュリティー会社によると、ロシア系のハッカー集団とされるダークサイドは日本時間の14日未明に声明を発表した。声明によれば、人事や新規事業、営業活動などに関する740ギガバイト以上のデータを盗んだという。

ダークサイドは先ごろ起きた米最大規模の石油パイプラインがサイバー攻撃によって停止した事件で犯行声明を出している。情報を盗み、金銭を要求する犯罪者集団とされている。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン