/

日本GLP、大阪府茨木市に関西最大級の物流施設

物流不動産大手の日本GLP(東京・港)は14日、約675億円を投じて大阪府茨木市に大型物流施設を建設すると発表した。延べ床面積は約32万平方メートルで関西最大級の規模。2023年1月に着工し、25年7月の完成を目指す。物流施設が造られる開発区画には商業施設も進出し、ニトリなどが出店する見通しだ。

地域との共生や複数企業との連携がコンセプトの同社の物流施設のブランド「アルファリンク」として展開する。同ブランドは相模原市、千葉県流山市に続く3カ所目で関西では初めて。物流施設は3棟あり、電子商取引(EC)事業者や食品流通企業など最大50テナントの入居を予定し、関西圏の物流のハブ拠点となる見通しだ。

物流施設の開発区画には商業施設を併設。茨木市南目垣・東野々宮土地区画整理組合によると、ニトリやホームセンターのビバホームが出店する方向で調整中だ。雇用の創出が期待できる物流施設と合わせて商業施設を誘致して地域の活性化を促す。

施設は名神高速道路や近畿自動車道などが交差する吹田ジャンクション(JCT)に近い。卸売市場や鉄道貨物ターミナルも近隣にあり、利便性が高い。日本GLPの担当者は「大都市に近く、広域配送両方に適したエリアで多くの企業の需要が見込まれる」と話している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン