/

老化の研究、魚で効率よく 大阪大学

大阪大学の石谷太教授らの研究チームは、成長や老化が早く、寿命が短い魚「ターコイズキリフィッシュ」の遺伝子を効率よく改変する技術を開発した。老化や成長に関わる遺伝子の研究に役立つ成果で、「人の老化研究の加速が期待できる」という。

ターコイズキリフィッシュはアフリカの乾燥地帯に生息する魚で、寿命が3~4カ月と一般的な魚の数年に比べて極端に短い。乾燥地帯の雨期と乾期の気候サイクルに適応するために寿命が短くなったと考えられている。

老化などの研究では、関連しそうな遺伝子をなくしたり、強く発現させたりして、機能を調べる。なるべくたくさんの個体で調べるために成長が早い生き物が研究対象として適している。成長が早く遺伝子も改変しやすい生物としてはショウジョウバエなどの昆虫が知られているが、背骨のない無脊椎動物であるため、人と関連付ける研究対象としては不十分だった。

ターコイズキリフィッシュは飼育可能な脊椎動物の中では最も成長、老化が早いため研究に向いていると研究者から注目されていたが、遺伝子改変が難しかった。研究チームは堅い殻を持つターコイズキリフィッシュの卵にうまく針を刺せる仕組みや最先端のゲノム編集技術を駆使して、遺伝子改変を効率化した。

その結果、狙った遺伝子を壊したり、特定の遺伝子が発現したときに光らせたりすることができるようになった。実際に遺伝子を壊して、色素のない個体や尻尾のない個体を作った。老化を促したり、抑制したりすると考えられる遺伝子の発現をターコイズキリフィッシュを使って効率的に調べられるようになるという。大阪大の石谷教授は「脊椎動物の老化メカニズムの解析やアンチエイジング要因の評価を短期間で実行することが可能になる」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン