/

この記事は会員限定です

伊藤忠、「半固体」電池の米社筆頭株主に 年内に量産

[有料会員限定]

伊藤忠商事は国内外の企業と協力して、製造コストの引き下げや安全性の向上につながる「半固体」方式のリチウムイオン電池の量産体制を構築する。同分野の技術を持つ24Mテクノロジーズ(米マサチューセッツ州)に追加出資し、筆頭株主になった。伊藤忠は材料の調達や営業活動を支援し、まずタイの提携先メーカーが2021年中にタイで量産する。

このほど24Mが実施した第三者割当増資を引き受けた。伊藤忠は数十億円を出資し、約30...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り667文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン