ジグザグと損保ジャパン、越境ECの商標リスク向け保険 - 日本経済新聞
/

この記事は会員限定です

ジグザグと損保ジャパン、越境ECの商標リスク向け保険

[有料会員限定]

越境電子商取引(EC)支援を手掛けるスタートアップのジグザグ(東京・渋谷)は損害保険ジャパンと共同で、商標侵害リスクを補償する専用保険を開発した。日本から海外に商品を売る企業が、意図せずに現地での商標権などを侵害してしまった際に、訴訟に対応するための費用などを補償する。海外市場を開拓する際の不安を軽減してEC需要を取り込む。

ジグザグは日本でECサイトを運営する企業に対し、多言語対応や海外決済な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り209文字

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません