/

この記事は会員限定です

息を吹き返すHDD 東芝が30テラバイト超に王手

[有料会員限定]

データ記憶装置の総出荷台数と総出荷金額で、2020年に初めてNAND型フラッシュメモリーを使うソリッド・ステート・ドライブ(SSD)に追い抜かれ、いよいよ風前の灯(ともしび)という見方もあったハードディスクドライブ(HDD)。しかし、今後は新たな需要と次世代技術の力を得て、復活を遂げる可能性がある。

限界超える次世代技術

東芝と東芝デバイス&ストレージは2021年12月27日、世界で初めて「共鳴...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン