/

この記事は会員限定です

ロート製薬「香り」戦略 オフィスの雰囲気作りに一役

[有料会員限定]
日経クロストレンド

新型コロナウイルス禍が長引き生活様式が変化する中、「香り」が注目されている。調査会社の富士経済(東京・中央)によると、2020年は生活様式の変化によって外出時などの身だしなみとしてフレグランスを付けるのではなく、自分の心を癒やし、気分転換のために使うなど目的が変化しているという。21年の国内市場規模は20年比5.8%増の403億円が見込まれている。

そんな中、ロート製薬が運営する香りと感性の研究所「BELA...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1657文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン