/

この記事は会員限定です

ナフサ、原油連動の上昇一服 需要堅調で下げ幅限定的

アメレックス・エナジー・コム 石化原料部長 柳本浩希氏

[有料会員限定]

――石油化学製品の基礎原料となるナフサ(粗製ガソリン)のアジア地区のスポット(随時契約)価格が2014年10月以来の高値水準まで上昇しました。急激な値上がりの背景は何ですか。

「10月下旬に7年ぶりとなる1トン800ドルを超え、11月半ばくらいまでその前後の水準で推移してきた。新型コロナウイルス禍の影響で160ドル台まで落ち込んだ20年4月からおよそ1年半で5倍に急騰した」

「原油価格に連動するだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン