/

この記事は会員限定です

東電のCDS保証料率7年ぶりの高さ 電力、稼ぐ力衰え

梅国典

[有料会員限定]

大手電力の稼ぐ力の衰えが目立っている。2022年3月期の10社のフリーキャッシュフロー(FCF、純現金収支)の合計は4期連続の赤字となった。特に東京電力ホールディングスでは債務不履行時のリスクを商品化した「クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)」の保証料率が7年ぶりの水準まで高まるなど、市場は警戒感を強めている。

東電HDのCDS保証料率の指標である「QUICK・CDS平均(5年物)」は、2...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1739文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

記者の目

記者が独自の視点で企業を分析。企業ニュースの背景や株価変動の要因、プロの投資家が注目するポイントなどをわかりやすく紹介します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン