/

この記事は会員限定です

講談社など大手出版3社、出版流通の新会社設立を発表

[有料会員限定]

講談社、集英社、小学館の大手出版3社と丸紅は14日、出版流通の新会社を2021年内に設立すると発表した。人工知能(AI)を活用した効率的な配本を進めるほか、無線自動のICタグ(RFID)を使った在庫管理システムの構築を検討する。紙の出版市場が縮小するなか、出版流通のデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めて書店の経営を支える。

新会社は丸紅が過半を出資し、残りを出版3社で分担する。当初の出資金額...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り294文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン