/

米IBM、ITインフラ管理新会社は「キンドリル」

日経クロステック

米IBMは、ITインフラの管理やシステム運用などを手掛ける分割会社の社名を「Kyndryl(キンドリル)」と12日(現地時間)に発表した。IBMは2020年10月に同事業の分社化を発表しており、21年末までに新会社の設立を目指すという。

新会社の最高経営責任者(CEO)には、IBMで20年6月までグローバル・マーケッツ担当シニア・バイスプレジデントを務めたマーティン・シュローター氏が就任する。

新会社は米ニューヨーク市に本社を構える。新会社の社名は「kinship(キンシップ、親類関係の意)」と「tendril(テンドリル、つるの意)」が由来だ。社員や顧客、パートナーといった人々との関係構築や長期的な成長を象徴するものとしている。

キンドリルは約9万人の社員と4600社の顧客を持つ規模だという。シュローター氏はIBMに92年に入社後、日本でも働いた経験を持つ。新会社のグループプレジデントに就任するエリー・キーナン氏は、日本IBMの社長を17年から2年間務めた。

(日経クロステック/日経コンピュータ 貴島逸斗)

[日経クロステック 2021年4月13日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン