/

この記事は会員限定です

EV価格、航続性能と比例 「割り切り」でテスラの牙城崩す

[有料会員限定]

電気自動車(EV)の価格競争が本格化し始めた。価格が下がるほど車載電池の容量が小さく、1回の充電で走れる航続距離が短い車種が多い。価格競争を主導する中国勢の格安車の航続性能は一般的なガソリン車の5分の1の100キロメートル台しかない。性能の「割り切り」が新たな購買層を生み、米テスラの牙城を切り崩し始めた。

4月、EVの世界シェアで異変が起きた。テスラが長く首位を守ってきたが、突如、米ゼネラル・モー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1141文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン