/

この記事は会員限定です

航空優待券下落 需要回復遅れ、有効期間延長でだぶつき

[有料会員限定]

国内航空会社の株主優待券の店頭価格が下落している。2021年末にかけ上昇傾向だったものの、足元では21年末に比べ1000円(2~4割)前後安い。新型コロナウイルスの変異型「オミクロン型」の感染が広がるなか、航空需要の回復が遅れている。コロナ禍で優待券の使用期限が延び、金券店への持ち込みも増えている。

航空会社の優待券を使うと、各社の国内線が普通運賃の半額で利用できる。金券店が集まる東京・新橋駅周...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り923文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン