/

米メルクのコロナ飲み薬、供給前倒し 3月まで80万人分

米製薬メルクの日本法人であるMSDは14日、新型コロナウイルスの飲み薬「ラゲブリオ(一般名モルヌピラビル)」について、3月末までに計80万人分を厚生労働省に納入すると発表した。従来の国内供給予定は3月末までに60万人分だったが、20万人分を前倒しで供給する。変異型「オミクロン型」の感染拡大で治療薬の需要が急増していることに対応する。

米メルクのコロナ飲み薬は国内ですでに実用化されており、MSDは厚労省との間で160万人分の供給契約を結んでいる。当初は2021年12月に20万人分を納入し、22年2月と3月にそれぞれ20万人分を供給する予定だった。MSDは供給を前倒しし、1月に5万人分を納入。2月に22万人分、3月に33万人分を供給することにした。すでに供給した21年12月の20万人分を加え、計80万人分を3月末までに供給する予定だ。

厚労省によると、2月10日までに計34万人分が納入され、4万人以上の患者に投与された。

MSDのカイル・タトル社長は14日、「オミクロン型が広がるなかで治療薬への需要が急速に高まっている。今後もさらに前倒しで出荷していく計画だ」とコメントした。

コロナ飲み薬の国内供給を巡っては、米ファイザーの「パキロビッドパック(海外名パクスロビド)」が10日に厚労省に特例承認され、200万人分が供給される予定だ。塩野義製薬の「S-217622(開発番号)」も最終段階の治験を進めており、有効性や安全性を確認できれば、月内にも「条件付き早期承認制度」を使って厚労省に製造販売承認を申請する予定だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン