/

この記事は会員限定です

信託銀行使った持ち合い株売却相次ぐ 会計処理に懸念も

[有料会員限定]

信託銀行を使った持ち合い株売却の新手法を導入する企業が相次いでいる。大株主の保有株を企業に代わり信託銀が取得し、市場で時間をかけて売却する仕組みだ。東京証券取引所の市場再編を受けて流通株式比率を高めたいという企業の需要を捉える一方、売却損益の会計処理を巡って企業と監査法人の間で見解の相違も出ている。

新スキームは「株式需給緩衝信託(緩衝信)」。野村信託銀行が企業の代わりに大株主から自己株を一括取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン