/

この記事は会員限定です

暗号資産保有に厳しい目 ESGマネーが敬遠

企業財務エディター 森国司

[有料会員限定]

暗号資産(仮想通貨)の関連銘柄の株価が大幅調整を余儀なくされている。ビットコインの5月以降の急落が主因だが、ネクソンのように保有額が少なくても下げがきつい銘柄が散見される。暗号資産を持っている事実だけに着目した仕掛け的な売りで株価が不安定化し、ESG(環境・社会・企業統治)を意識する中長期の投資家も手控えている。

米情報サイトのコインデスクによると、ビットコインは足元で3万3000ドル前後で推移する。20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1169文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン