/

ヤフーなどが「ワクチン休暇」 IT企業で導入広がる

日経クロステック

新型コロナウイルスのワクチン接種に向けて、IT(情報技術)企業で「ワクチン休暇」制度の導入が広がっている。ヤフーは12日に、マネーフォワードは13日にそれぞれ発表した。

ワクチン接種に要する時間を就業時間として扱ったり、副作用が発生した際に特別に休暇を認めたりすることで、従業員がワクチン接種に行きやすくなるほか、職場での感染拡大防止につなげられる。

ヤフーの主な内容は、ワクチン接種をする場合は、その時間を就業時間として扱う。さらに接種後に痛みや体調不良が発生して就業が困難な場合は通常の有給休暇とは別に、特別有給休暇を認めるというもの。正社員や契約社員など約7900人が対象になっている。

マネーフォワードは、ワクチン接種時間を勤務時間として扱うこと、接種後に副作用が発生して就業が困難な場合は当日および翌日に特別有給休暇が取得できること。家族の接種や副作用による看病の際にも接種日と翌日にそれぞれ特別有給休暇の取得を認める、という内容である。

このほか、4月23日にはIDホールディングスが接種1回につき1日、特別有給休暇を認めると明らかにしている。

(日経クロステック/日経コンピュータ 松浦龍夫)

[日経クロステック 2021年5月13日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン