/

この記事は会員限定です

東芝・車谷社長「一区切りとして会社から離れる」

[有料会員限定]

東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)は13日深夜に日本経済新聞社の取材に応じ、翌日の辞任表明を控えて「激務から離れて充電したい」と語った。車谷氏は2018年4月に東芝会長兼CEOについた。三井住友銀行元副頭取で、東芝として53年ぶりの外部からの経営トップだったが、約3年で退任することになる。アクティビスト(物言う株主)の重圧にさらされながら事業構造改革を主導してきた車谷氏は「東芝の再生は完了し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン